プラセンタ注射

プラセンタ注射とは

プラセンタ注射は更年期障害や肝機能障害に対し厚生労働省から医薬品として認可されたお薬です。しかし美容目的で使用する場合は保険適応外となり自費での投与になります。プラセンタ製剤にはメルスモンとラエンネックという薬剤がありますが、当院ではメルスモン注射のみ使用しています。

プラセンタ注射の原料

プラセンタ注射薬は、正常分娩で生まれた人の胎盤を使用して作られたものです。妊娠入院時に、血液検査を繰り返しエイズや肝炎といった感染性の高い病気がないことを確認した胎盤を使用します。その後、高圧蒸気減菌を行い無菌試験・動物試験が行われ高い安全性が確保されたものです。

※現在の検査では検出できない未知の疾患の可能性も考え、プラセンタ注射を行うと献血ができなくなります。

プラセンタ注射の効果

更年期障害の改善の他、美白効果・美肌効果・疲労回復などの効果を期待し自費での投与を行うことも可能です。
当初は1週間に2-3回程度で開始し、2か月目以降、症状の改善合わせ投与期間の延長をしていきます。

プラセンタ注射費用

保険適応の方

プラセンタ注射 【自己負担3割の場合】
初回…1000円程度   2回目以降…500円程度

自費診療の方プラセンタ注射1回 : 1200円(税込み)